水俣病の写真集復刊 映画化契機 世界に悲劇発信 「実際の人物 出来事知ってほしい」 /宮崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
再出版された写真集を持つアイリーンさん
再出版された写真集を持つアイリーンさん

 水俣病の悲劇を世界に伝えた写真家、故ユージン・スミスさんと元妻アイリーン・美緒子・スミスさん(71)の写真集「MINAMATA」の日本語版が、絶版を経てこのほど再出版された。きっかけは23日から全国公開されるユージンさんを描いた同名のハリウッド映画だ。アイリーンさんは「映画の題材となった写真集を手に取り、実際の人物や出来事を知ってほしい」と話す。

 2人は1971~74年、熊本県水俣市に滞在。患者の日常や、原因企業チッソとの交渉の様子などをとらえた写真集は75年に英語版、80年に日本語版で出版され、91年の新装版以降、絶版になっていた。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文738文字)

あわせて読みたい

注目の特集