特集

2021自民党総裁選

河野・岸田・高市・野田の4氏が出馬し、29日の投開票に向けて本格的な論戦が繰り広げられています。

特集一覧

コロナ下「平時の社会経済活動取り戻す」岸田文雄氏インタビュー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
合同インタビューで質問に答える自民党の岸田文雄前政調会長=衆院第1議員会館で2021年9月14日、宮武祐希撮影
合同インタビューで質問に答える自民党の岸田文雄前政調会長=衆院第1議員会館で2021年9月14日、宮武祐希撮影

 自民党の岸田文雄前政調会長は14日、報道各社のインタビューに応じた。要旨は以下の通り。

 自民党総裁になった場合、国会で自分の考え、新しい内閣の方向性を明らかにしてから選挙(衆院選)を行うのが国民に対しての最低限の務めだ。

 「政治とカネ」の問題については、党の説明責任、ガバナンス改革をしっかり考えていかなければならない。(2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件に絡み)1億5000万円が買収に使われていない…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文629文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集