日経平均株価、バブル崩壊後の最高値 ワクチン接種率上昇が追い風に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日経平均株価の推移
日経平均株価の推移

 14日の東京株式市場の日経平均株価は続伸し、前日比222円73銭高の3万670円10銭で取引を終えた。2月16日に付けたバブル経済崩壊後の終値最高値を更新し、1990年8月1日以来約31年ぶりの高値水準になった。東京証券取引所第1部の全企業の株式時価総額は過去最大。新型コロナウイルスワクチンの接種率上昇で、経済正常化が進むとの見方が追い風となった。

 東証1部の全体的な値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は21・16ポイント高の2118・87で、約31年ぶりの高値を付けた。東証1部の全企業の株式時価総額は約778兆円に膨らみ、3営業日連続で最大を更新した。出来高は約13億3900万株。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文676文字)

あわせて読みたい

注目の特集