朝日新聞、ツキノワグマの写真と記事を取り消し 山梨面に掲載

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
朝日新聞東京本社=東京都中央区で2019年5月16日、曽根田和久撮影 拡大
朝日新聞東京本社=東京都中央区で2019年5月16日、曽根田和久撮影

 朝日新聞は14日付朝刊山梨面で、12日付の「ツキノワグマ遭遇 思わずパチリ」の記事で、登山中の女性が撮影したとして掲載したツキノワグマの写真は「取材を受けた人が撮影したものではありませんでした」として、この記事と写真を取り消した。写真は女性が撮影したものとして提供を受けたが、過去に同紙が長野県から提供を受けて紙面化した写真と同じだった。同社は「掲載にあたり、確認が不十分でした」としている。

 記事は山梨面のほか、同社のニュースサイトに掲載された。山梨県富士吉田市の「新倉山浅間公園」上部の山中で7月、登山中の女性が成獣と思われるツキノワグマを目撃したとする内容。女性がスマートフォンで撮影したとして「新倉山の標高1100メートル付近で撮影されたツキノワグマ」と説明する写真を掲載し、登山者に注意を呼び掛けていた。【田辺佑介】

あわせて読みたい

注目の特集