旧満州引き揚げ なぜ中国人画家は「加害者」を描いたのか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
作品「一九四六」=仙台市青葉区の宮城県美術館で2019年10月、井上卓弥撮影
作品「一九四六」=仙台市青葉区の宮城県美術館で2019年10月、井上卓弥撮影

 日本が戦前、現在の中国東北部に樹立した「満州国」には約27万人の開拓団員が送り込まれ、敗戦による引き揚げは悲惨を極めた。中国侵略の始まりである満州事変から18日で90年。中国人画家が命からがら日本を目指す人々を描いた縦3メートル、横20メートルの大作「一九四六」が今秋、高知市で展示される。企画を進めたのは、自身も引き揚げを体験した91歳の女性。「この絵の中に私もいた。自分がどこかに描かれていないか探した。被害者である中国の画家がなぜこの絵を描いたのか」と問いかける。

 「一九四六」の作者は、魯迅美術学院(遼寧省瀋陽市)の王希奇(ワン・シーチー)教授(61)。日本への引き揚げ拠点となった同省・葫蘆島(ころとう)の岸壁で、やつれきった人々が最低限の荷物を持ち、黙々と歩く姿が描かれる。灰褐色の暗い色調だが、遺骨が入ったつぼを抱えた少年はこちら側をしっかりと見つめる。

この記事は有料記事です。

残り1691文字(全文2076文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集