14人に1人が体外受精児 2019年、最多6万人誕生 日産婦調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 不妊治療の体外受精によって2019年に誕生した子どもの数は過去最多の6万598人だったとの調査結果を、日本産科婦人科学会がまとめた。この年に生まれた子どもの約14人に1人の割合。1983年に国内初の体外受精児が生まれて以降、この技術を用いて誕生した子どもは71万931人となり、70万人を突破した。

 体外受精は、精子と卵子を体外で受精させて子宮へ戻す不妊治療。精子を卵子に注入する顕微授精などで作った受…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

あわせて読みたい

注目の特集