佐世保の高1殺害 家裁、元少女の医療少年院収容継続を決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
裁判所=ゲッティ
裁判所=ゲッティ

 長崎県佐世保市で2014年7月、高校1年の女子生徒(当時15歳)を殺害し、医療(第3種)少年院に収容されている同級生の元少女(23)について、長崎家裁が異例の収容継続を認める決定をしていたことが14日、関係者への取材で分かった。少年院は23歳未満までだが、第3種は精神に著しい障害がある場合、26歳になるまで延長を認める規定がある。規定による継続は初とみられる。

元少女側、家裁決定に抗告

 関係者によると、収容先の少年院長は、元少女が今夏で23歳になるのを前に、収容継続を申請。家裁は審判を開き、8月24日、24年までの収容継続を認める決定を出した。元少女側は不服を申し立てて抗告したため、判断は福岡高裁に移る。

 事件は14年7月26日に発生し、元少女が殺人容疑で逮捕された。家裁は15年7月、医療少年院送致の保護処分とした。

 家裁は当時、元少女が神経発達障害の一種、共感性が欠如した重度の「自閉症スペクトラム障害(ASD)」と認定した。他者に攻撃的な傾向がある素行障害も併発し、猫を殺すなどの問題行動を起こし…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1137文字)

あわせて読みたい

注目の特集