ネット中傷に法的措置 元AKB・ラーメン店経営者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
誹謗中傷に対して民事、刑事双方で法的措置をとった梅澤愛優香さん=本人提供
誹謗中傷に対して民事、刑事双方で法的措置をとった梅澤愛優香さん=本人提供

 人気アイドルグループ「AKB48」のアルバイトメンバーとしてかつて活動し、今はラーメン店を経営する梅澤愛優香(まゆか)さん(24)が、SNS(ネット交流サービス)で繰り返し誹謗(ひぼう)中傷を受け、ついに法的措置に出た。根拠のない中傷が、単なる嫌がらせから、経営に大きなダメージを受ける事態に発展したためだという。元アイドルの実業家に何が起きたのか。

 梅澤さんは高校3年だった2014年、AKB48のメンバーを時給1000円で務める「バイトAKB」に選ばれ、人気メンバーたちに交じって半年間活動した。高校卒業後、興味のあったラーメン作りの道に進むため独学で研究を重ね、17年、20歳で神奈川県大和市に「八雲(やぐも)」(現在は麺匠八雲大和店)をオープン。みそラーメンを看板メニューに、自ら厨房(ちゅうぼう)に立つと、異色の経歴も手伝って話題となった。…

この記事は有料記事です。

残り1384文字(全文1760文字)

あわせて読みたい

注目の特集