筑後川水系 県境の減災へ連携 国と佐賀、福岡両県 浸水対応調整会議設置 /佐賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 8月中旬の記録的な大雨で、佐賀県との県境に位置する福岡県久留米市長門石地区が浸水被害に見舞われたことを受け、国と福岡、佐賀両県が「筑後川水系(長門石地区)浸水対応調整会議」を設置し、県境地域の減災に向け連携して取り組むことが分かった。

 国土交通省九州地方整備局地域河川課によると、調整会議は国、福岡、佐賀両県で8月31日…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

あわせて読みたい

ニュース特集