連載

令和伝えたい

毎日新聞デジタルの「令和伝えたい」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

令和伝えたい

大分平和考 満州からのはがき 文面でなぞる亡父の記憶 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
父からのはがきを手にする安藤さん
父からのはがきを手にする安藤さん

 「生命をかけての出征だ。全てを忘れて活動している。お前も家をたのんだよ」

 大分市の安藤征子さん(79)の自宅には、父・万亀生さんが出征先の旧満州(現中国東北部)から母シヅコさんに送ったはがき(軍事郵便)や写真が残っている。小さな字で埋め尽くされたはがきはセピア色にくすみ、76年の時の流れを感じさせる。

 万亀生さんは国学院大を中退後、教員免許を取り、地元津久見市の青江小で教師をしていた。国語が好きで、趣味の短歌で同人誌も出版した。筆まめで、出征後も満州から何十通もはがきを送った。中には「写真有り難い。子供たちのあどけない顔、大きくなった姿を見るとなつかしい」との記述もあり、家族思いの優しい一面がうかがえる。

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1229文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集