特集

第80期名人戦

第80期名人戦・順位戦を特集します。名人戦棋譜は「棋譜・対局結果」から、順位戦は「順位戦」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第80期名人戦A級順位戦 佐藤天彦九段-山崎隆之八段 第10局の6

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

一手バッタリの敗着

 飛車を見捨て、山崎は玉の早逃げでしのぐ。底歩で時間を稼いだ後、[後]5九角と反撃した。迎えた途中図が勝負の分かれ目となった。

 感想戦では[後]2五飛[先]3九金[後]6八角成[先]5三成桂[後]1四歩の変化が重点的に調べられた。以下[先]8九金[後]6七馬[先]8八金打、あるいは[先]7九金と寄るか。佐藤は「実戦でどちらを選ぶかは、その場の読みの進み具合によります」と話す。いずれにしても、この展開なら勝負はどう転んだか分からなかった。

 [後]3七角成が一手バッタリの敗着。角を渡したため、後手玉に詰みが生じてしまった。山崎は「自分から詰まされにいってしまった。結局、将棋は弱い方が負ける。詰め将棋をしないとダメですね」とあきれた。終了図から[後]2二玉は[先]3二金[後]同歩([後]1二玉は[先]2四桂)[先]同角成[後]同玉[先]3一金[後]同玉[先]4一飛[後]3二玉[先]3一金以下追い詰み。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文681文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集