曲の途中からも歌えます オカメインコ、能力高く 愛知大が確認

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
実験に登場したオスのオカメインコ
実験に登場したオスのオカメインコ

 歌まねが得意なことで知られるオウムの一種オカメインコは、楽曲の途中からでもタイミングを合わせて参加し、メロディーを一緒に鳴き声で奏でる能力があることを、愛知大の関義正教授(音響生物学)が実験で確かめ、米科学誌プロスワンに発表した。

 これまでオカメインコがメロディーを模倣して鳴くことは知られていたが、さらに、流れてきたメロディーに同調できる能力を確認した。人間以外の動物では初という。

 関教授は、人間特有の文化的表現とされる音楽を研究する上で「比較対象となり得る動物が見つかった」としている。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文553文字)

あわせて読みたい

注目の特集