連載

感染症と闘う

病原体が体に侵入し、人の生命すら脅かす感染症。人類の脅威となった新型コロナウイルスを特集します。

連載一覧

感染症と闘う

新型コロナ ワクチン巡るデマ、拡散の仕組み

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
SNSには、新型コロナワクチンにまつわるうわさに戸惑う声が投稿されている=ツイッターより(画像の一部を加工しています)
SNSには、新型コロナワクチンにまつわるうわさに戸惑う声が投稿されている=ツイッターより(画像の一部を加工しています)

 新型コロナウイルスのワクチンを巡り、SNSなどで飛び交う情報の中には、根拠のないデマも潜んでいるようだ。なぜデマが拡散するのか。社会心理学者の土田昭司・関西大教授に、人々がデマに取りつかれる理由を教えてもらった。

 ●不安な気持ちから

 ――ワクチンを巡りさまざまなデマが出回っています。

 社会心理学の研究から、社会的に重要な事柄であればあるほど、また、その事柄に関する情報が曖昧であればあるほど、デマが発生しやすいことが分かっています。新型コロナのワクチンは、国民にとって重要な関心事です。加えて、ワクチンについて不明確なことがある曖昧な状態が、デマの温床になっています。

 デマが広まるのは、人々に不安な気持ちがあるときです。身に迫った明確な危険なら、不安ではなく恐怖が生じます。その場合は、危険からただ逃げればいいので、デマが出回る暇はありません。不安は、危険があるかどうか言い切れないときに生じます。

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1443文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集