特集

2021自民党総裁選

河野・岸田・高市・野田の4氏が出馬し、29日の投開票に向けて本格的な論戦が繰り広げられています。

特集一覧

岸田氏「4番バッターそろえて勝てるか」 河野氏側をけん制

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の岸田文雄氏 拡大
自民党の岸田文雄氏

 自民党総裁選への出馬を表明している岸田文雄前政調会長は14日夜、BSフジの番組で、同じく出馬予定の河野太郎行政改革担当相を石破茂元幹事長や小泉進次郎環境相が支持する見通しであることについて「4番バッターを3人も4人もそろえて勝てるかということだ」と述べ、国民的人気のある3氏が集まったことをけん制した。

 岸田氏は「相手がどうであっても自分自身が何を訴えて、どう戦うかが大事だ。相手の動きを気にはしているが自らのやり方、戦いを進めていく」と強調した。【小田中大】

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集