米アップルが「iPhone 13」4機種発表 撮影性能を向上

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米アップルが発表したスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種「13Pro(プロ)」(右)と「13ProMax(プロマックス)」=アップル提供
米アップルが発表したスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種「13Pro(プロ)」(右)と「13ProMax(プロマックス)」=アップル提供

 米アップルは14日のオンライン発表会で、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新商品「アイフォーン13」シリーズ4機種を発表した。発売日は9月24日で、日本では17日午後9時から予約を受け付ける。

 新機種は、普及モデルの「アイフォーン13」と小型・低価格モデル「13mini(ミニ)」、上位機種の「13Pro(プロ)」と「13ProMax(プロマックス)」の4機種。いずれも「スマホ最高性能」をうたう新型プロセッサー「A15バイオニック」を搭載し、データ処理速度やバッテリー持続時間を向上した。

米アップルが発表したスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種「13Pro(プロ)」=アップル提供
米アップルが発表したスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種「13Pro(プロ)」=アップル提供

 「13」(画面サイズ6・1インチ)の価格は799ドル(日本では税込み9万8800円)から。「13ミニ」(5・4インチ)は699ドル(税込み8万6800円)から。「13プロ」(6・1インチ)は999ドル(税込み12万2800円)から。「13プロマックス」(6・7インチ)は1099ドル(税込み13万4800円)から。

米アップルが発表したスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種「アイフォーン13」(左)と「13mini(ミニ)」=アップル提供
米アップルが発表したスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種「アイフォーン13」(左)と「13mini(ミニ)」=アップル提供

 画面サイズや外観は前モデルから大きな変更はなかった。いずれも高精細の有機ELディスプレイを採用。「13」と「ミニ」は背面に広角カメラと超広角カメラの2眼、「プロ」と「プロマックス」は望遠レンズを加えた3眼を搭載し、暗い場所での撮影やピント調整などの撮影性能を向上した。【ワシントン中井正裕】

あわせて読みたい

注目の特集