北朝鮮、6カ月ぶりの弾道ミサイル発射 日本のEEZ内に落下か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北朝鮮弾道ミサイルの落下イメージ
北朝鮮弾道ミサイルの落下イメージ

 政府は15日、北朝鮮が同日午後0時32分、37分ごろ、中部平安南道(ピョンアンナムド)陽徳(ヤンドク)郡付近から日本海に向け短距離弾道ミサイル2発を発射し、いずれも日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したと推定されるとの分析結果を発表した。落下地点は日本海の石川県能登半島沖の舳倉(へぐら)島から北約300キロの海域とみられる。日本のEEZ内への北朝鮮のミサイル落下は2019年10月以来。

 北朝鮮は今月11、12両日に新型長距離巡航ミサイルの試験発射を実施したばかりで、弾道ミサイルの発射は今年3月25日以来、約6カ月ぶりとなる。

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1450文字)

あわせて読みたい

ニュース特集