岡山県産品どうでしょう 人気番組スタッフがPR、26日ライブ配信

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バーチャルツアーに出演する「水曜どうでしょう」ディレクターの2人=岡山県提供 拡大
バーチャルツアーに出演する「水曜どうでしょう」ディレクターの2人=岡山県提供

 新型コロナの影響で消費が落ち込んだ岡山県産品の魅力を紹介しようと、県は26日午後7時から、北海道テレビ製作の人気バラエティー番組「水曜どうでしょう」の名物スタッフによる県産品バーチャルツアーを参加費無料でライブ配信する。

 「水曜どうでしょう」は俳優の大泉洋さんが出演する旅バラエティー。今回、配信する「藤やんうれしーがいいものをおみまいするバーチャル旅」では、同番組でおなじみのディレクター、「藤やん」こと藤村忠寿さん、「うれしー」こと嬉野雅道さんとともに、事前に藤村さんが高梁市を訪れて選んだ市特産の食べ物や工芸品をロケ映像とともに紹介する。動画配信サイト「ユーチューブ」内のチャンネル「藤やんうれしーの水曜どうでそうTV」(http://www.youtube.com/user/higamelive)で視聴が可能。コメントも受け付ける。当日、紹介される県産品八つを詰め合わせにしたセットは、配信後に藤村さんと嬉野さんのホームページ「どうで荘」で限定販売される。

 後日、アーカイブ配信もある。来年3月までに、新たに県内2地域でも実施予定。県の担当者は「コロナ禍で県産品が売れない状況が続いている。観光はまだできないが、新しい切り口で地域の魅力が伝えられれば」としている。【戸田紗友莉】

あわせて読みたい

注目の特集