福岡・元警官妻子3人殺害 高裁が控訴棄却 1審の死刑判決支持

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福岡高裁=福岡市中央区で、吉川雄策撮影 拡大
福岡高裁=福岡市中央区で、吉川雄策撮影

 福岡県小郡(おごおり)市の自宅で2017年、妻子3人を殺害したとして殺人罪に問われた元福岡県警巡査部長、中田充(みつる)被告(43)=起訴後に懲戒免職=の控訴審で、福岡高裁(辻川靖夫裁判長)は15日、死刑を言い渡した1審・福岡地裁判決(19年12月)を支持し、中田被告の控訴を棄却した。

 1審判決によると、中田被告は17年6月5日深夜から遅くとも6日午前6時半までに、自宅で妻由紀子さん(当時38歳)の首を何らかの方法で圧迫、長男で小学4年の涼介さん(同9歳)と長女で小学1年の実優(みゆ)さん(同6歳)の首をひも状のもので絞め、それぞれ殺害した。

 中田被告は1審から「身に覚えがない」と無罪を訴え、第三者の犯行を主張していた。しかし、1審判決は、周辺の防犯カメラ映像や自宅の状況などから第三者侵入の可能性はないと断定。当時自宅にいた被告による犯行と結論づけた。

 控訴審で弁護側は、被害者の死亡推定時刻に疑いがあり、中田被告が出勤で家を出た後に事件が起きた可能性を改めて主張。また、1審で被告の精神状態の審理が尽くされていないとして精神鑑定を求めたが、高裁から認められなかった。【平塚雄太、佐藤緑平】

あわせて読みたい

注目の特集