熊本の魅力、ミニチュア作品で表現 鉄道模型コンで八代工が入賞

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国宝・青井阿蘇神社の楼門。かやぶきの屋根はほうきの穂先で表現した(同校提供)
国宝・青井阿蘇神社の楼門。かやぶきの屋根はほうきの穂先で表現した(同校提供)

 8月に福岡市で初めて開かれた高校生を対象にした「鉄道模型コンテスト2021九州大会」で、熊本県立八代工業高インテリア科のグループが、「JR九州賞」に選ばれた。熊本の魅力をミニチュア作品で表現し、20年7月の九州豪雨や16年4月の熊本地震からの復興への願いを込めた。

 テーマは「Reconstruction~復興人生ゲーム~」。室内装飾などを学ぶ3年生6人が課題研究として半年かけて取り組み、2年生も3人が手伝った。

 生徒らは「地震から5年、豪雨から1年の節目の年なのに、新型コロナウイルスの影響で祭りやイベントなどが中止になり、地域の魅力が発信できない。熊本の良さを模型を通じて伝えたい」と制作した。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文704文字)

あわせて読みたい

注目の特集