豊作とコロナ終息祈り…奄美で平瀬マンカイ 国重文の伝統祭事

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
岩の上で歌い踊って豊作を祈願した平瀬マンカイ=鹿児島県龍郷町秋名で2021年9月15日午後4時33分、神田和明撮影
岩の上で歌い踊って豊作を祈願した平瀬マンカイ=鹿児島県龍郷町秋名で2021年9月15日午後4時33分、神田和明撮影

 鹿児島県・奄美大島の龍郷町秋名地区の海岸で15日、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する伝統祭事「平瀬マンカイ」があり、住民らが豊作と新型コロナウイルス終息への祈りをささげた。

 例年、旧暦の8月に行われる国の重要無形民俗文化財「アラセツ行事」の一つ。コロナ禍で同日早朝に山中の片屋根小屋を揺すり倒し、稲の…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集