特集

北京オリンピック2022

北京冬季オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

平野歩夢、東京でつかんだ新境地 スケボーからスノボにスイッチ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京オリンピックでスケートボード男子パークに出場した平野歩夢。二刀流で冬と夏の五輪出場を果たした=東京都江東区の有明アーバンスポーツパークで2021年8月5日、宮間俊樹撮影
東京オリンピックでスケートボード男子パークに出場した平野歩夢。二刀流で冬と夏の五輪出場を果たした=東京都江東区の有明アーバンスポーツパークで2021年8月5日、宮間俊樹撮影

 夏から冬へ、東京から北京へ――。スノーボード男子ハーフパイプの平野歩夢(TOKIOインカラミ)は、3大会連続のメダルが懸かる2022年北京冬季五輪に向けて再び動き始めた。今夏の東京オリンピックにスケートボードで出場。二刀流に挑んだことでアスリートとして一回り成長した22歳は新たな決意で勝負の舞台に臨む。

東京で感じた「柔らかな空気」

 「新たな挑戦が始まった。気持ち、体、技術の全てが、そっち(北京五輪)にスイッチが入ったところ。一日一日を無駄にできない」。5日、所属先のスノーボード部発足のオンライン記者会見で、平野は力を込めた。

 東京五輪では、男子パーク予選に出場。持ち味の高い空中技で会場をわかせる場面もあったが、得点はトップと20点差以上の62・03点と伸びず、14位に終わった。決勝に進めなかったが、それでも「負けられない」という重圧と闘い続けてきたスノーボードと違い、「ベストをどこまで見せられるか、自分との戦いに集中できた」と振り返る。

 勝負の舞台でありながら、初めて感じる雰囲気が新鮮だった。平野はそれを「柔らかな空気」と表現し、…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文1032文字)

【北京オリンピック2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集