「おうちの人がけんかばかり」「いつもたたかれる」 それって「虐待」だよ 児童向けにチラシ /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
埼玉県警少年課が作成した児童向けの啓発チラシ=同課提供
埼玉県警少年課が作成した児童向けの啓発チラシ=同課提供

ひとりじゃない。相談して

 児童虐待の抑止や子どもの被害防止を図ろうと、県警少年課は8日から、県・さいたま市と協力して県内の小学生約37万人に啓発チラシを配布している。児童ら自身が受けている行為を虐待だと認識し、「ひとりじゃないよ」と呼びかけることで近くの大人に相談してもらう狙いだ。3者共同での作成は初の試みで、児童向けの啓発チラシは全国的にも珍しいという。

 チラシは3月に発足した同課の児童虐待対策室が5月中旬から県と同市に働きかけ、新学期に合わせて各警察署を通じ、小学校から児童に配布された。児童虐待防止のシンボルカラーであるフレッシュオレンジで彩られ、心理的虐待▽身体的虐待▽ネグレクト▽性的虐待――にあたる行為を「おうちの人がけんかばかりしている」「いつもたたかれる」などと分かりやすく示している。こうした文言は児童精神科医が監修し、子どもへの心理的…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文629文字)

あわせて読みたい

注目の特集