連載

れとろ探訪

往事の大阪を伝える地を訪ねていきます。

連載一覧

れとろ探訪

瑞光住宅 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「団地」。東淀川区東外れにある瑞光団地は鉄筋4階建て9棟、268世帯の小規模団地=大阪市東淀川区で1967年9月21日、宮川恒二撮影
「団地」。東淀川区東外れにある瑞光団地は鉄筋4階建て9棟、268世帯の小規模団地=大阪市東淀川区で1967年9月21日、宮川恒二撮影

 戦後、住宅事情の改善策として府内でも多くの団地が建設され、団地での生活について企画記事もよく紙面に掲載された。

 1967(昭和42)年9月29日の朝刊で紹介されたのは、大阪市東淀川区の大阪市営瑞光住宅で、当時は鉄筋4階建ての9棟、268世帯の小規模団地だったと書かれている。木立に囲まれた周辺には田園がまだ多く残っていたという。「家賃も安く、静かな環境の割には交通の便も良くて、住み心地は70点」というのが住人の話だ。減点対象は部屋が狭いことと、内風呂がないこと…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集