特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

センバツ 大会史上最も早い開幕 出場は例年通り32校

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 毎日新聞社と日本高校野球連盟は15日、来春の第94回選抜高校野球大会を、2022年3月18日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕し、30日までの13日間(休養日を含む)の日程で開催すると発表した。大会史上最も早い開幕日になる。

 高校野球では12月1日から翌年3月19日まで原則公式戦が行えない「アウトオブシーズン」にあたるが、日本高野連の規定に選抜大会の開幕日は例外とするとあり、承認が必要となる理事会でシーズン中の開幕が認められた。休養日は2日間で、準々決勝翌日と準決勝翌日に設ける。

 出場校は例年通りの32校で内訳は、一般選考28校、特別枠4校(21世紀枠3、神宮大会枠1)。一般選考の地区別校数は、北海道1▽東北2▽関東・東京6▽東海2▽北信越2▽近畿6▽中国・四国5▽九州4。関東・東京は関東4、東京1、中国・四国は中国2、四国2がそれぞれ決まっており、ともに残り1校は両地区を比較して割り振られる。

 出場校を決める選考委員会は来年1月28日、組み合わせ抽選会は3月11日で、いずれも大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われる。21世紀枠特別選考委員14人と一般選考の選考委員59人の委嘱も承認された。【藤田健志】

 新たに委嘱された4人の選考委員は次の皆さん。(敬称略)

 北中睦雄(57)=兵庫県教委体育保健課長▽木村保(51)=福島県高野連理事長▽佐々木渉(47)=石川県高野連理事長▽渡辺才也(51)=静岡県高野連専務理事

あわせて読みたい

ニュース特集