「資本主義の父」じゃない? 渋沢栄一が現代に問うもの

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
渋沢栄一像=東京都千代田区で、丸山博撮影
渋沢栄一像=東京都千代田区で、丸山博撮影

 明治期に500以上の銀行・企業などの設立に携わり、「日本の資本主義の父」と称される渋沢栄一。2024年から発行される新1万円札の肖像画に採用され、今年のNHK大河ドラマの主役でもあるが、幕末の志士や戦国武将と比べると、少し地味な存在だ。ところがどっこい、近年、国連の持続可能な開発目標(SDGs)をはじめ、資本主義の問い直しが世界の潮流になる中で、道徳と経済の両立を唱えた「論語と算盤(そろばん)」の精神が注目されているという。渋沢が今に問う「資本主義のかたち」とは。【竹地広憲】

「資本主義」の言葉使わず

 「渋沢本人は『資本主義』という言葉をほとんど使いませんでした。『資本主義の父』と言われていますが、本人が生きていれば『俺は違う』と言うでしょうね」。そう言って笑うのは、渋沢栄一記念財団が運営する渋沢史料館の井上潤館長だ。

 どういうことなのだろう。詳しい話に入る前に、渋沢の生涯を簡単に振り返っておきたい。

 渋沢は江戸末期の1840年、武蔵国(現埼玉県)の富農の家に生まれた。江戸幕府最後の将軍となる一橋(徳川)慶喜に仕え、約1年間の欧州滞在を経験。明治維新後は新政府に見込まれて民部省(現財務省)に入ったが、民間に転じて商業・金融の発展に尽力した。

 日本初の民間銀行・第一国立銀行(現みずほ銀行)など全国各地の銀行設立に携わったほか、現在の東京証券取引所や東京海上日動火災保険などの立ち上げにも関わり、近代日本の金融・経済の礎を築いた。ほかにも、王子ホールディングス(王子製紙)や東京ガス、帝国ホテルやJR東日本、毎日新聞社など現在も続く多数の企業の創業や経営を支援。「日本の資本主義の父」と呼ばれるゆえんだ。

道徳と経済の両立唱えた「論語と算盤」

 渋沢研究のスペシャリストである井上館長によると、渋沢は一部の資本家が富を独占する…

この記事は有料記事です。

残り1814文字(全文2582文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集