民間人だけで初の地球周回宇宙旅行へ クルードラゴン打ち上げ成功

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 世界で初めて宇宙飛行士以外の民間人だけで地球を周回する宇宙旅行に向け、米宇宙企業スペースXは日本時間16日午前9時過ぎ、実業家や病院職員ら4人が乗った宇宙船クルードラゴンを米フロリダ州から打ち上げた。国際宇宙ステーション(ISS)よりも高い上空約575キロの軌道を3日間にわたって周回する。宇宙船は、2020年11月から21年5月にかけて日本の野口聡一宇宙飛行士が搭乗した機体が再使用された。

 今年7月には米宇宙ベンチャーのヴァージンギャラクティックとブルーオリジンが、それぞれ民間人を乗せて宇宙飛行を実施したが、地球周回軌道には乗らずに降りてくる弾道飛行で、到達高度は86キロと107キロ、宇宙滞在時間は数分間程度だった。今回は1日で地球周回軌道を15周し、その間、ドーム型の天窓から地球を眺めることができる。民間企業による本格的な宇宙旅行の先駆けとなりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文721文字)

あわせて読みたい

注目の特集