特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

64歳以下接種率、岩手は全国最低21.9% 「集団」初動遅れか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ワクチン用の注射器=梅村直承撮影
ワクチン用の注射器=梅村直承撮影

 政府が公開している都道府県別の新型コロナウイルスワクチンの接種率(医療従事者除く、13日時点)で、岩手県は64歳以下で2回目を終えている割合は全国最低の21・9%だった。盛岡市など人口の多い自治体で集団接種が進まなかったり、国からのワクチン供給量が減ったりしたことが要因とみられる。県内では職場や教育現場での感染が広がっており、若い世代への接種の遅れが懸念される。【安藤いく子】

 政府が公開しているデータを基に、都道府県別の人口に対する接種率を分析した。64歳以下で2回接種率が最も高いのは山口の43・5%で、和歌山41・8%、熊本41・1%と続いた。一方、低い方は岩手に続き、栃木22・8%、北海道24・0%だった。

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1228文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集