特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

田村厚労相「中等症の全員を病床で診られなかった」 入院制限巡り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院厚生労働委員会で立憲民主党の石橋通宏氏の質問を聞く田村憲久厚生労働相(奥)。手前は新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=国会内で2021年9月16日午前10時57分、竹内幹撮影
参院厚生労働委員会で立憲民主党の石橋通宏氏の質問を聞く田村憲久厚生労働相(奥)。手前は新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=国会内で2021年9月16日午前10時57分、竹内幹撮影

 田村憲久厚生労働相は16日の参院厚労委員会の閉会中審査で、新型コロナウイルスの第5波で「残念ながら中等症の全員を病床で診ることはできなかった」と述べた。田村氏は8月5日の同委員会で感染者の拡大に伴い政府が示した入院基準の制限方針を説明する際、入院対象者について「中等症は原則入院。重症化リスクが低い人が在宅になる」と答弁していた。

 田村氏は16日の答弁で「感染者が増えれば命を救うために、限られた病床の中で保健所、医療機関の判断がある。何か起こったとき十分な病床が確保できていたかというと課題があると思う。ただし一方で、一般の医療も守らなければいけない」と釈明した。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文460文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集