貼付したQRコードで高齢者保護 栃木市、「見守りシール」導入へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
栃木市が導入する「見守りシール」の見本=栃木県栃木市で2021年9月13日、太田穣撮影
栃木市が導入する「見守りシール」の見本=栃木県栃木市で2021年9月13日、太田穣撮影

 栃木県栃木市はひとり歩き中に迷ってしまった認知症高齢者の保護などを目的に、連絡先などのデータを入れたQRコード付きの「見守りシール」を導入する。衣服などにあらかじめ貼り付けて使い、困っている高齢者を見つけた人がスマートフォンで読み取るとインターネットの伝言板につながり、発見を知らせるメールが家族などに自動通知される仕組み。10月1日から申請を受け付ける。【太田穣】

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文736文字)

あわせて読みたい

注目の特集