久留米給食誤えん訴訟、最高裁が上告棄却 市へ3800万円賠償命令

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
最高裁判所=東京都千代田区隼町で、本橋和夫撮影
最高裁判所=東京都千代田区隼町で、本橋和夫撮影

 福岡県久留米市立久留米特別支援学校で2012年、給食中の誤えんで重い脳障害を負ったとして男性側が市などに損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(宇賀克也裁判長)は原告と市双方の上告をいずれも退ける決定をした。14日付。市に約3800万円の賠償を命じ、独立行政法人日本スポーツ振興センター(東京都)への障害見舞金請求を棄却した2審・福岡高裁判決が確定した。

 事故に遭ったのは脳性まひの障害を持つ河村啓太さん(23)。同校中学部3年だった12年9月、教諭の介助を受けて給食中、誤えんにより窒息して一時心肺停止となった。事故前はできていた意思表現ができなくなり、常に介護が必要になった。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文543文字)

あわせて読みたい

注目の特集