特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

大阪ガス・秋山が大一番で会心投球 2大大会連覇へ監督は「注文」も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【三菱重工West-大阪ガス】完投勝利した大阪ガスの先発・秋山=わかさスタジアム京都で2021年9月16日、山崎一輝撮影
【三菱重工West-大阪ガス】完投勝利した大阪ガスの先発・秋山=わかさスタジアム京都で2021年9月16日、山崎一輝撮影

 第92回都市対抗野球大会の近畿2次予選は16日、今夏の日本選手権で優勝した大阪ガス(大阪市)が三菱重工Westを4―1で降し、第1代表に決まった。

   ◇

 大阪ガスの3年目左腕・秋山が、大一番で会心の投球を披露した。9回1失点完投でチームを第1代表に導き、「一回に味方が点を取ってくれて楽に投げられた。素直にうれしい」と喜んだ。

 身長170センチと上背はないが、インステップのスリークオーターから投じる直球のキレは抜群だった。時折100キロに満たないカーブでカウントも整え、決め球のツーシームで凡打の山を築いていく。だが、疲労のたまった九回に3安打で1点を失った。「最後一本出れば危ない場面だった」。2死一、二塁のピンチを招いたものの、最後は自己最速に迫る142キロの直球も交えて三振に仕留めた。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文693文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集