「湯川博士旧宅、市民に開放を」 教え子ら京大に呼びかけ /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
湯川秀樹博士の旧宅から見つかった妻スミさんと合作の掛け軸を紹介しながら、旧宅の保存と一般開放を呼びかける「市民の会」のメンバーら=京都市左京区で、千葉紀和撮影
湯川秀樹博士の旧宅から見つかった妻スミさんと合作の掛け軸を紹介しながら、旧宅の保存と一般開放を呼びかける「市民の会」のメンバーら=京都市左京区で、千葉紀和撮影

 日本で初めてノーベル賞を受賞した理論物理学者・湯川秀樹博士が晩年を過ごした旧宅(京都市左京区)が京都大に寄付されたことを受け、保存活動に取り組んできた湯川博士の教え子らの団体が16日、京都市内で記者会見し、旧宅の趣を残す形での保存と市民への開放を呼びかけた。

 団体は「湯川秀樹旧宅の保存と活用を願う市民の会」(代表=岡田知弘・京都橘大教授)。山極寿一・前京大学長、ともに湯川研究室出身の佐藤文隆・京大名…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

あわせて読みたい

ニュース特集