台風14号 あす未明、最接近 気象台「強風、大雨に注意を」 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
台風14号の進路について説明する岡山地方気象台の細川利之統括予報官=岡山市北区で、岩本一希撮影
台風14号の進路について説明する岡山地方気象台の細川利之統括予報官=岡山市北区で、岩本一希撮影

 岡山地方気象台は16日、東シナ海を北寄りに進む台風14号について、県内には18日未明から明け方にかけて最接近するとの見通しを発表した。温帯低気圧には変わらず、勢力をほぼ維持したまま瀬戸内を東に進む見込みで、強風や大雨に注意を呼びかけている。

 この日、岡山市北区の同気象台で記者会見した細川利之統括予報官は「暴風域がない台風だが、急に強風が…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

ニュース特集