オスプレイ

佐賀配備計画 「Zoom」で市民集会 佐賀大教授の基調講演も 26日 /佐賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オスプレイの配備予定地となっている佐賀空港周辺。周囲に有明海が広がる=田鍋公也撮影
オスプレイの配備予定地となっている佐賀空港周辺。周囲に有明海が広がる=田鍋公也撮影

 陸上自衛隊オスプレイ佐賀空港(佐賀市)配備計画に反対する市民集会が26日、ウェブ会議システム「Zoom」で開かれる。集会の実行委員会は「地権者や漁業者に限らず、市民・県民全員で配備のあり方を考えたい」としている。

 計画を巡っては、山口祥義知事が2018年8月に受け入れを表明。空港を軍事利用させないために県が1990年、県有明海漁協と結んだ公害防止協定覚書付属資料の見直しを漁協に求めた。しかし、機体の安全性やノリ漁への影響を懸念す…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

あわせて読みたい

注目の特集