中国、TPP加入申請 アジア太平洋、主導権狙い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中国商務省は16日、日本が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の加入に向け、王文濤商務相が事務局の役割を担うニュージーランドのオコナー貿易・輸出振興相に申請書類を提出したと発表した。両氏は電話協議し、今後の手続きについて意思疎通を図ったという。

 中国と激しく対立する米国がTPPから離脱した中、アジア太平洋地域の経済で主導権を握る狙いがある。加入が認められれば、世界全体に占めるTPP加盟国の国内総生産(GDP)の合計は、現在の1割台から3割程度に高まる。

 ただ加入には全加盟国の承認が必要で、手続きが円滑に進むかどうかは不透明だ。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文711文字)

あわせて読みたい

ニュース特集