ヤングケアラー~幼き介護

今がんばっている君へ 20歳・登威さん/上 精神疾患の父と暮らした日々

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
メディアプラットフォーム「note」で家庭環境を明かした登威さん。ツイッターにも投稿し、多くの人に読まれた(画面の一部を加工しています)
メディアプラットフォーム「note」で家庭環境を明かした登威さん。ツイッターにも投稿し、多くの人に読まれた(画面の一部を加工しています)

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 時に暴力的になる父の言動におびえ、いつ何が起こるか分からない緊張感に包まれた家庭だった。父には精神疾患がある。逃れるように、地元から離れた大学に進学した。1人暮らしをしても、つらい記憶にさいなまれ、心が家に縛られたままだった。こうした生い立ちを、ある大学生がSNS(ネット交流サービス)で明かした。なぜ公開したのだろう。その思いを知りたくて、記者は彼に会いに行った。

 緊急事態宣言が明けた6月下旬、記者と大学2年生の登威(とおい)さん(20)はJR京都駅で待ち合わせた。オンライン取材を経ての初対面。「何でも聞いてください。NGはないんで」。人なつっこい笑顔が印象的な青年だった。

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1564文字)

あわせて読みたい

注目の特集