米英豪、インド太平洋で安保新枠組み 豪の原潜配備支援

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 バイデン米大統領は15日、米英豪の3カ国がインド太平洋地域における安全保障分野で協力を強化する新たな枠組み「AUKUS(オーカス)」を創設したと発表した。軍事力を急速に拡大する中国に対抗する狙いがあるとみられ、サイバーや人工知能(AI)、量子技術などの分野で連携を深めるとともに、米国の技術支援によりオーストラリアの原子力潜水艦保有を目指すとしている。

 バイデン氏は演説で「我々は21世紀の脅威に立ち向かうため、相互に共有している力を強化する」と意義を強調した。演説には英国のジョンソン首相とオーストラリアのモリソン首相もオンライン形式で参加した。米政府高官は15日の電話記者会見で「特定の国を狙った枠組みではなく、あくまで地域の法の支配を支え、平和と安定を促進する目的だ」と説明したが、中国が警戒を強めるのは必至だ。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文587文字)

あわせて読みたい

注目の特集