特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

河野、岸田、高市、野田4氏の所見発表演説要旨 自民党総裁選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選の候補者記者会見前に記念写真に納まる(左から)河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行=東京都千代田区の同党本部で2021年9月17日午後3時、竹内幹撮影
自民党総裁選の候補者記者会見前に記念写真に納まる(左から)河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行=東京都千代田区の同党本部で2021年9月17日午後3時、竹内幹撮影

 菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選が17日告示され、河野太郎行政改革担当相(58)=麻生派、岸田文雄前政調会長(64)=岸田派、高市早苗前総務相(60)=無派閥、野田聖子幹事長代行(61)=無派閥=の4氏が立候補した。4氏が出席した党本部での所見発表演説会の要旨は次の通り。

河野太郎氏

 国民に共感していただける政治を通して、人と人が寄り添う、ぬくもりのある社会をつくりたい。世の中を便利にしたり新しい価値を生み出したりすることを邪魔する仕組みやシステムと徹底的に闘ってきた。例えばワクチン。私がやったのは自治体の創意工夫や努力を邪魔している仕組みを変えただけだ。日本のコロナ対応を河野太郎の実行力に任せていただきたい。

 テレワークを使って東京一極集中を逆回転させる。テレワークができれば霞が関の機能はデジタルの世界で維持される。デジタル遷都の議論ができる。再生可能エネルギーのさまざまな技術の種が出ている。再生可能エネルギー100%で国のエネルギーを回すことだって絵空事ではない。

この記事は有料記事です。

残り1336文字(全文1778文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集