豪と米英の原潜計画にフランス猛反発 契約破棄に「裏切られた」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ルドリアン仏外相=AP
ルドリアン仏外相=AP

 オーストラリアは16日、米英豪によるオーカス創設を通じて米英から原子力潜水艦導入の技術協力を受ける選択をしたのに伴い、フランスとの次期潜水艦開発計画を破棄すると発表した。これに対し仏は猛反発している。

 豪州の次期潜水艦の開発計画は2016年、日本やドイツと受注競争の末、仏を開発相手に選定。約400億米ドル(約4兆円)で契約を結んだ。ただ、部品調達の調整などが難航し、計画の遅れやコストの高さが指摘されていた。

 豪州は仏との契約破棄について声明で「仏側には感謝するが、インド太平洋地域の安全保障が加速的に変化する中、従来型潜水艦は我々の戦略ニーズにそぐわなくなった」と海洋進出する中国を念頭に説明した。

 これに対し、契約時に国防相として署名したルドリアン仏外相は仏メディアに対し16日、「両国は信頼関係を築いてきたのに、裏切られた」と非難。バイデン米政権に対しても…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文893文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集