上海協力機構にイラン正式加盟へ 中国、ロシアと連携し米に対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イランのライシ大統領=テヘランで2021年8月5日、AP
イランのライシ大統領=テヘランで2021年8月5日、AP

 中国とロシアが主導する上海協力機構(SCO)の首脳会議が17日、中央アジアのタジキスタンで開かれた。オブザーバー国のイランのライシ大統領も出席し、イランの正式加盟に向けた手続きを開始することで合意した。アフガニスタンからの米軍撤収後、米国と対立するアフガン周辺国がSCOを通じて連携を深める構図となっている。

 首脳会議後、多極的な世界秩序を提唱する共同宣言が採択された。相互の主権の尊重や内政不干渉などもうたわれており、米国へのけん制とみられる。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文547文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集