特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

札幌、コロナ重症者数が高止まり 医師「今も通常医療が犠牲に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ススキノ交差点=札幌市中央区で2020年5月1日、貝塚太一撮影
ススキノ交差点=札幌市中央区で2020年5月1日、貝塚太一撮影

 札幌市で新型コロナウイルスの新規感染者数が減少傾向にある中、重症者数の高止まりが続いている。重症患者は40~60代が中心。「第5波」は落ち着きつつあるが、現場の医師は「通常医療を犠牲にしている状況は今も変わらない」としており、依然警戒が必要だ。【土谷純一】

 市内の新規感染者は7月初旬に20人前後だったが、徐々に増加傾向が強まり、月末に203人を確認。8月14日には322人となり、第5波のピークを迎えた。しかし、緊急事態宣言発令(8月27日)から2週間たった後は40~80人台で推移している。

 一方、重症者は、新規感染者の波からやや遅れて増加傾向が見られた。7月中旬は2、3人だったのが、下旬ごろから増え始め、8月6日に10人に到達。新規感染者のピークから2週間余が過ぎた今月1日以降更に増加傾向が強まり、ちょうど3週間後の4日に第5波で最多の17人となった。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文1065文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集