特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

3回目のワクチン接種 厚労省分科会が了承 年内開始目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスワクチンの3回目接種や交差接種について議論する厚生労働省の予防接種・ワクチン分科会=東京都千代田区で2021年9月17日午後1時4分、矢澤秀範撮影
新型コロナウイルスワクチンの3回目接種や交差接種について議論する厚生労働省の予防接種・ワクチン分科会=東京都千代田区で2021年9月17日午後1時4分、矢澤秀範撮影

 新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、厚生労働省の予防接種・ワクチン分科会は17日、3回目の追加接種の必要性について了承した。2回の接種完了から8カ月以上後に実施することも念頭に、政府は年内開始を目指して準備する。1回目と2回目で異なる種類のものを使う「交差接種」については、1回目の接種後にアナフィラキシーなど重い副反応が出た人などに限って解禁する。

 3回目接種をめぐっては、免疫を持続させることを目的に、海外で先行して始まっている。分科会は、国内外の感染動向やワクチン効果の持続期間などを踏まえて「追加接種の必要がある」と確認。接種時期については、米国や英国などの方針と同様、「2回接種完了からおおむね8カ月以上後」とする厚労省案に対して慎重な意見もあり、議論を続ける。使用するワクチンは1、2回目と同じであることを基本とし、さらなる科学的知見を踏…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文755文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集