日本人祖先は大陸から来た3集団 人骨のゲノム解析 金沢大など

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
遺伝子(写真はイメージ)=ゲッティ
遺伝子(写真はイメージ)=ゲッティ

 縄文、弥生、古墳時代の遺跡から出土した人骨のゲノム(全遺伝情報)を解析した結果、現代日本人は大陸から渡ってきた三つの集団を祖先に持つことが分かったと、金沢大などの研究チームが17日付の米科学誌電子版に発表した。

 大陸の集団から分かれた縄文人が暮らす日本に、古墳時代までに2段階にわたって大陸から遺伝的に異なる集団が流入したとみられる。日本人の祖先を巡っては、縄文人と弥生時代に大陸から移住した渡来人が混血したとする「二重構造モデル」が有力とされていたが、チームは新たに「三…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集