ひと味違う御嶽海、1敗キープ「かみ合っている」 大相撲秋場所

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
御嶽海(右)が押し出しで琴ノ若を降す=東京・両国国技館で2021年9月17日、竹内紀臣撮影
御嶽海(右)が押し出しで琴ノ若を降す=東京・両国国技館で2021年9月17日、竹内紀臣撮影

 大相撲秋場所6日目は17日、東京・両国国技館で行われ、関脇・御嶽海は、前頭3枚目の琴ノ若を降した。

   ◇

 今場所の御嶽海は、ひと味違う。これまでは前半戦に星を取りこぼし優勝争いから早々に脱落することが多かったが、ここまで1敗をキープ。「気持ち良く相撲が取れている。かみ合っている」と手応えを話す。

 相手は23歳の琴ノ若。「初顔合わせで緊張もあったが、自分の相撲を取れば問題ない」と気持ちに余裕があった。立ち合い、低い姿勢で鋭く踏み込んで当たり勝つと、そのまま前進。一気…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

あわせて読みたい

注目の特集