病院側に7600万円賠償命令 地裁久留米判決 手術後に意識障害 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 手術後に人工呼吸器を適切に管理されず重度の意識障害になったとして、久留米市の新古賀病院で手術を受けた80代男性が、病院を経営する社会医療法人天神会に約9600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁久留米支部(岡田健裁判長)は17日、医療法人に約7600万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は2017年に手術を受け、集中治療室に…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

注目の特集