特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

安倍・菅政権の「負の遺産」に踏み込まず 自民党総裁選討論会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選の立候補者による討論会に臨む(奥左から2人目から)河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行=東京都千代田区の日本記者クラブで2021年9月18日午後2時47分、吉田航太撮影
自民党総裁選の立候補者による討論会に臨む(奥左から2人目から)河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行=東京都千代田区の日本記者クラブで2021年9月18日午後2時47分、吉田航太撮影

 安倍晋三政権とそれを引き継いだ菅義偉政権では、「森友学園」問題を巡る公文書改ざんや自民党議員による汚職などの不祥事が相次いだ。9年近くに及んだ安倍・菅政権の「負の遺産」とどう向き合うのか。18日に自民党総裁選の4候補がそろった討論会では、記者からの質問に対し問題に踏み込まない姿勢が目立った。

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、国有地の値引きが問題視され、財務省の決裁文書改ざんや近畿財務局職員の自殺に発展した森友問題。焦点となっているのは改ざんの経緯などの再調査の有無だ。

 「調査をしないで丁寧な説明ができますか」。岸田文雄前政調会長にはまずこんな質問が飛んだ。出馬表明直後の発言が再調査に前向きと受け止められると、すぐに否定した経緯がある岸田氏。「国民の納得感という観点において政治の立場からしっかり説明をしていくことは大事」と強調したものの、再調査の必要性には言及しなかった。

 河野太郎行政改革担当相も、捜査で立件されなかったことなどを理由に再調査を不要とする立場を取る。「検察が調べたのは刑事責任の有無。問われているのは政治責任では」との質問に対し、「少なくとも調査についてしっかりと行われた」と改めて再調査を否定した。

 再調査の必要性を明言しているのは野田聖子幹事長代行だ。改ざんの指示が指摘された当時の佐川宣寿理財局長を聴取するのか。こう問われると、聴取の有無への言及は避けつつも「行政と政治はコインの裏表。我々の仲…

この記事は有料記事です。

残り1508文字(全文2127文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集