米軍がカブールでの誤爆認める 子供7人含むアフガン人10人死亡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米軍は17日、アフガニスタンの首都カブールで8月29日に行った無人機攻撃は誤爆だったと発表した。攻撃で子供7人を含むアフガン人10人が死亡していた。米軍は当初、過激派組織「イスラム国」(IS)系の「ISホラサン州」(IS-K)の戦闘員を狙った攻撃だと説明していた。

 米軍のアフガン撤収完了直前の攻撃が誤爆と判明したことで、撤収時の混乱を批判されていた政権への逆風がさらに強まるのは必至だ。

 中東を管轄する米中央軍のマッケンジー司令官は17日の記者会見で「攻撃について調査した結果、標的の車や死者はIS-Kとは無関係で、米軍への脅威でもなかった」と明言。そのうえで「真摯(しんし)に謝罪する。攻撃と悲劇的な結果の全責任は司令官たる私にある」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1131文字)

あわせて読みたい

ニュース特集