アルジェリアのブーテフリカ前大統領が死去 84歳 長期政権樹立

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アブデルアジズ・ブーテフリカ前大統領=AP
アブデルアジズ・ブーテフリカ前大統領=AP

 北アフリカのアルジェリアでアブデルアジズ・ブーテフリカ前大統領が84歳で死去した。ロイター通信が17日伝えた。1990年代の内戦からの復興に尽力し、99年から20年間にわたる長期政権を樹立。2019年2月の5選出馬表明後に抗議デモが拡大し、同4月に辞職へ追い込まれた。健康問題を抱え、13年ごろからは公の場にほとんど姿を見せなかった。60~70年代には外相として非同盟路線を推進し、「第三世界の雄」と称された。

 37年、当時フランス領だったモロッコで生まれた。18歳の時にアルジェリアで、フランスからの独立闘争に参加した。62年の独立後は20代で外相に抜てきされ、「世界最年少の外相」と話題になった。ブーメジエン政権下で、冷戦時代に米ソの対立とは一線を画す非同盟外交を推進。74年の国連総会では議長を務め、パレスチナ解放機構(PLO)の国連オブザーバー参加を実現した。

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文937文字)

あわせて読みたい

ニュース特集