特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナで在宅時間増加 ギャンブル依存につながる懸念も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
コロナ禍前と比べたギャンブル依存が疑われる人のインターネットを使ったギャンブル利用
コロナ禍前と比べたギャンブル依存が疑われる人のインターネットを使ったギャンブル利用

 新型コロナウイルス感染拡大で在宅時間が増えたことで、ギャンブル依存への懸念が高まっている。支援団体は「生活の変化でギャンブルに費やす時間が増えた人たちが、依存症になってしまう恐れがある」と危惧している。【長沼辰哉】

 ギャンブル依存症は賭け事にのめり込み、日常生活や社会生活に支障が生じてもやめられない精神疾患と定義される。家族や職場との関係が悪化するなど、さまざまなトラブルに発展するケースがある。ギャンブルについて厚生労働省は競馬や競輪など公営競技を挙げ、パチンコなどの遊戯も射幸性が高いとしている。

 同省は8月、ギャンブル等依存症対策基本法に基づき2020年10~12月に実施した実態調査の結果を公表した。無作為に抽出した18~74歳の1万7955人にアンケートを行い、8223人から回答を得た。調査の結果、過去1年間でギャンブル依存が疑われる人は約2・2%いた。依存が疑われる人を対象に、同年1月と比べてインターネットでのギャンブル利用の頻度について聞いたところ「新たに始めた」「する機会が増えた…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文936文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集