特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

従業員の腹の足しに… タイのタクシー会社が始めた「空中菜園」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大で主要産業の観光業が大打撃を受けたタイで、タクシー会社が稼働していない車の屋根を使って、今月から野菜栽培などを始めた。この会社の役員は「従業員200人の腹の足しにするには、これしかなかった」と苦境を訴えている。

 バンコク西部にあるタクシー会社の駐車場。停車したタクシー約300台の屋根の上に、タイ料理に使うバジル、トウガラシ、ナスなどの鉢植えが並ぶ。車から外したタイヤを重ねて水槽代わりにし、食用ガエルも飼育中だ。

 相談役のタパコーンさん(54)によると、同社は多いときで約600人を雇用していたが、コロナ禍で乗客が激減し、従業員の多くが故郷に戻った。車は稼働していなくても毎月のリース料を支払い続けなければならず、従業員の減給は不可避。家計を助けようと、車の屋根を畑にし、社員ぐるみで手入れをすることにしたという。

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文790文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集